万葉時代のあゆち潟イメージ