8.山上憶良(やまのうえのおくら)7〜8世紀:筑前・太宰府(福岡県)
  憶良の出生については、大和国添上郡山辺郷の出身、百済の帰化人の子という2説があるが いずれにせ
 よ学識と人間愛が豊かな人という. 皇室の教育担当職などを経て晩年筑前の守となり 太宰府に下向. 在任中
 、太宰府長官に赴任してきた大伴旅人と、いわゆる筑紫歌壇を形成、憶良の歌の多くが この太宰府時代に
 詠まれた. (八〇三)は筑前期に詠んだ有名な子を偲ぶ歌の反歌。(一五三八)は「秋の野に咲きたる花
 を指(および)折りかき数うれば七種(くさ)の花(一五三七)」と対の旋頭歌(577-577文字).   

  歌:訳文(通釈は→こちら 原文は→こちら)   [子等を思う歌の長歌:訳文はこちら

           こ    おも うた
       子らを思ふ歌 一首

       しろかね くがね たま   なに      まさ  たから  こ  し  
 (返歌)「銀も 金も玉も 何せむに 優れる宝 子に及かめやも」(巻五-803)

      やまのうえのおみのおくら あきのの     よ 
     山上臣憶良の 秋野の花を詠める歌 二首 

         はぎのはな おばなくずはな                          ふぢばかま あさがほ はな
 (その2)「萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また 藤袴 朝顔の花」(巻八-1538)







   古代の九州官道と駅   引用先:旧ふきのとうドットコム