太宰府とその防衛

那ノ津から太宰府へ

古代大和朝廷の九州拠点は、博多湾に面した那津官家(なのつのみやけ)
にあり、政治・経済・軍事の拠点であると同時に、中国や朝鮮など外国との
交流や貿易など外交拠点でもあった。
 注)「那ノ津」は現在の博多に当たり、5世紀には朝鮮半島往来の玄関として拓かれていた.

しかし663年、百済救済を目指した「白村江の戦い」で新羅・唐連合軍に
大敗を喫した大和朝廷は、新羅・唐のさらなる日本への侵攻を恐れ、九州の
政治拠点を内陸部に移す方針をとった。

つまり、海岸部にある那津官家には、外交使節饗応や貿易管理機能のみ
を残し、政経・軍事拠点を内陸の太宰府に移すとともに防衛網を強化した。

その概要を示したのが右の俯瞰図で、まず博多湾からの敵の侵攻に備えて
水を貯えた大堤である水城(みずき)を築き、博多湾から有明海まで見通す
ことができる絶好の地に大野城を築いた。さらに有明海からの侵攻に備えて、
基肄(きい)城と小水城が設けられた。

このように、厳重な防衛網に守られた太宰府では、大和朝廷の威光を内外
に示すため、広大な条坊を敷いた街づくりが行われ、万葉集に"大君の遠の
朝廷(みかど)"と詠まれた壮大な政都が出現したのである。

なお、太宰府が初めて歴史に現れるのは『日本書紀』で、推古天皇17年
(609年)の条に「筑紫大宰(つくしのおほみこともち)」という記述があり、
古くから大和政権の役所が置かれていたと考えられている。
図1太宰府の防衛体勢俯瞰(クリックで拡大)

大野城

筑前四王寺山に建設された日本最古の山城 で、
尾根伝いに延々と土塁が山を巡り、谷にかかる地点
には石垣が築かれ、北方に1箇所、西南に1箇所、
南部に2箇所の城門が築かれていた。
写真2大野城から水城跡遠望(クリックで拡大)

写真1大野城の百間石垣(クリックで拡大)

図2大野城の平面図(クリックで拡大)

水城の構造

太宰府の北側、東西に山裾が迫り平地 が最も狭くなった部分に、長さ1.2
kmの堤防が築かれ、その外側(博多側)の濠に水を溜めて敵の侵入を防ぐ
というものである。当時は通用門が東門と西門の2ヶ所しかない大変
厳重な施設であった。
なお、西門は3回改築され、最終的には国力を誇示するための楼門
となり、門前からは一直線の官道が博多の鴻臚館(筑紫館)に直結し
ていたという。
図3水城の構造(クリックで拡大)

写真3水城跡(クリックで拡大)

太宰府の条坊

太宰府の条坊のスケールに関しては、鏡山猛の太宰府条坊制説が有名である。これに
よれば、太宰府条坊は、南北22条(2.4Km)、東西各12坊(2.6Km)のほぼ正方形の街区
を持つ壮大な都市であった。しかし、その中で政庁については発掘調査が進み、その
壮麗さが確認されているが、国府(国衛)については、未だ位置が確定していない。
もし鏡山説が正しければ、太宰府政庁と国衛が、わずか1km余りの距離であることから、
大宰帥であった大伴旅人と筑前守の山上憶良の交流がは容易だったろう。

写真4太宰府政庁再現模型(クリックで拡大)

図4太宰府条坊の推定位置(クリックで拡大)

引用参照文献
写真・図面引用先
写真1 大野城の百間石垣:https://ja.wikipedia.org/wiki/大野城_(筑前国)
写真2 大野城から水城跡遠望:http://blog.livedoor.jp/blues12345-001/archives/10020929.html 福岡 古代遺跡の旅
写真3 水城跡:http://blog.livedoor.jp/blues12345-001/archives/10020929.html 福岡 古代遺跡の旅
写真4 太宰府政庁再現模型:http://blog.livedoor.jp/kokorononayami/ archives/65652426.html 心の休日

図 1 太宰府の防衛体勢俯瞰 :http://ameblo.jp/aqua-2nd/entry- 11610062210.html 歴史OLアユのお城・神社・海外旅行・パワースポット大好き!ブログ 大宰府展示館
図 2 大野城の平面図:http://www14.plala.or.jp/ja6dbs/shinrin/ kenminmori/kenminmori2.html 四王寺県民の森
図 3 水城の構造 :http://www.dazaifu.org/map/tanbo/ tourismmap/11.html だざいふ史跡探訪 水城跡
図 4 太宰府条坊の推定位置:http://kofunmeguriwalking.web.fc2.com/dazaifujoubou.html 大宰府条坊 古墳めぐりウォーキング +<GoogleMap>


本文参照文献

http://www9.plala.or.jp/kinomuku/dazaifu/dazaifu-history.html 太宰府   の歴史

http://www.nishida-s.com/main/categ4/dazaifu/dazaifu.htm 九州太宰府

http://www14.plala.or.jp/ja6dbs/shinrin/ kenminmori/kenminmori2.html 四王寺県民の森

http://www.dazaifu.org/map/tanbo/ tourismmap/11.html水城の構造

http://www9.plala.or.jp/kinomuku/dazaifu/dazaifu.html 太宰府政庁跡

https://ja.wikipedia.org/wiki/太宰府


山上憶良の歌とゆかりの地に戻る