9.大伴旅人(おおとものたびと)7〜8世紀:太宰府(福岡県)、鞆の浦(広島県) 
  大伴旅人は六十三歳で大宰帥(だざいのふそち:太宰府長官)に赴任、筑前守であった山上憶良などと所謂
 筑紫歌壇を形成し多くの名歌を残したが、間もなく同行の妻、郎女(いらつめ)が死去、その悲しみも癒えぬ
 早春、梅花の宴での(八二二)は散る花を雪に例えた風流の中に無常観が漂う. この梅花の宴で残された歌は
 32首、憶良、僧満誓、大伴坂上郎女、小野老などの名が連なる. この年の暮れ、任期を全うし大和に帰国の
 途中 鞆の浦での(四四七)は、赴任時妻と立寄った折に二人で愛でた「むろ」の木に深い思いを込めて詠う.

  歌:訳文(通釈は→こちら 原文は→こちら

                                            そちのおきな いへ あつ   えんくぁい の 
     梅花の歌三十二首[併せて序]天平二年正月十三日に、帥老の宅に萃まりて宴會を申ぶ

          わ その                      あめ   
 (その8)「我が園に 梅の花散る ひさかたの 天より 雪の 流れ来るかも」(巻五-822)

      てんぴゃう  かうご         だざいふそちおほとも けい  
    天平二年庚午の冬十二月、太宰師大伴の卿、京に向かひて道に上る時に作る歌五首

         とものうら   いそ          み        あひみ  いも 
 (その2)「鞆の浦の 礒のむろの木 見むごとに 相見し妹は 忘らえめやも」(巻三-447)









 鞆の浦風物詩 引用先:旧ふきのとうドットコム


 西国名所鞆の浦 引用先:旧ふきのとうドットコム