鞆の浦と、むろの木
注)「鞆の浦」とは、本来鞆の津(鞆湊または鞆港)周辺の海域を
示すが、ここでは鞆の津の街を含む全体を表す地名として扱う。

潮待ち港として栄えた鞆の浦

内海である瀬戸内海には黒潮などの海流の影響はないが、潮の満ち引きによる
潮流が強く、灘と呼ばれるような場所では最大7ノット(約13km/h)にもおよぶ。

たとえば満ち潮の時は、西の豊後水道と東の明石海峡などからの潮流が、まるで
巨大な大河となって瀬戸内海に流れ込み、引き潮の時はこの大河の流れが逆向き
になり瀬戸内海から外洋に向かって潮が流れ出る。

 その一方で、瀬戸内海の中心海域では潮の干満によって海面は上下するものの、
潮流はほとんど生じない。そしてこの中心海域に位置するのが鞆の浦である。
 そこで船足の遅い古代の船は、満ち潮の時に東西から瀬戸内海に入って鞆の浦
の入り江で潮目変わりを待ち、引き潮になると再びそれぞれの航海を続けた。 

鞆の浦は、このような潮待ち港として発展し、潮待ちで人が集まる上に風光明媚
なこともあって、平安時代初期に静観寺、医王寺が創建されて備後南部における
布教の拠点となり、さらに江戸時代までに狭い町並みに由緒ある寺が19、神社
大小あわせ数十が建ち並ぶなど繁栄を極めた。
図1瀬戸内海の潮流と鞆の浦(クリックで拡大)
写真1鞆の浦俯瞰:a)上:市街地周辺b)下:港湾地域(クリックで拡大)


図2鞆の浦位置マップ(クリックで鞆港部分拡大)
絵図江戸時代の鞆の浦の風景を描いた「備後国鞆港四方之図」(クリックで拡大)
鞆の浦のむろの木

万葉集には鞆の浦を詠んだ歌が八首残されていて、当時から鞆の浦が景勝の
地として知られてことがわかる。しかし、旅人が詠った むろの木は、中世末期には
すでに跡形もなかったらしく、豊臣勝俊(細川幽斎、肥後細川家の始祖)は、その
著書「九州の道の記」の中で、「今はあとかたもはべらねば さだかにしる人も さぶ
らはず」と述べている。
 また、それとは別に、福山市金江町の丘に、当時の面影を伝えていた、推定樹齢
1700年の有名なむろの大樹(天然記念物)も枯れてしまった。
                          
 なお、むろの木とは、ネズの木のこと、日当たりのよいやせた土地にはえる直立の
常緑低木.葉は針状で花は春に開き.雌雄異株という。旅人が歌に詠んだのがどの
程度の大きさの木だったのかわからないが、多分この程度だったのではないかと、
勝手な想像で、笠岡市天然記念物の井立のネズの木の写真を掲示しておきたい。 
             
図3鞆の浦付近のむろの木位置マップ
写真5鞆の浦のむろの木歌碑
写真2ネズ(むろの木)の花と実(クリックで拡大)
写真3金江の大むろの木(クリックで拡大)
写真4井立のネズの木(クリックで拡大)
引用参照文献
写真・図面引用先
写真1a) 鞆の浦市街地俯瞰:https://ja.wikipedia.org/wiki/鞆の浦
写真1b) 鞆の浦港湾部俯瞰:http://tabisuke.arukikata.co.jp/album/11186/ 旅スケ 鞆の浦
写真2 ネズ(むろの木)の花と実:http://kobehana.at.webry.info/201412/article_15.html 神戸の花と木
写真3 金江の大むろの木:https://twitter.com/kyoboku_bot/status/831702328566616064 巨樹・巨木bot 広島県福山市 金江の大ムロノキ
写真4 井立のネズの木:https://blogs.yahoo.co.jp/kikinanosato/36021133.html ようこそ 木々名の里 くりやま水車へ駅
写真5 鞆の浦のむろの木歌碑:http://ameblo.jp/rediscovery/theme-10009126962.html むろの木歌碑|鞆の浦二千年の歴史
絵図 備後国鞆港四方之図:https://blogs.yahoo.co.jp/shimakaze2002/38379149.html 鞆の浦日記 備後国鞆港四方之図

図 1 瀬戸内海の潮流と鞆の浦 :http://www.bell.jp/pancho/k_diary-2/2008_11_10.htm 古代の瀬戸内海交通路をトレースする
ならびに、http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KANKYO/TIDE/curr_pred/index.htm 潮流推算
図 2 鞆の浦位置マップ:GoogleMap地形図(一部追加修飾)
図 3 鞆の浦付近のむろの木位置マップ :YahooMap(一部追加修飾)


本文参照文献

http://www.tomonoura.co.jp/rekishi02.html 鞆の浦の歴史

https://ja.wikipedia.org/wiki/鞆の浦

http://www.bell.jp/pancho/k_diary-2/2008_11_10.htm 古代の瀬戸内海交通路をトレースする

http://manyuraku.exblog.jp/13982748/ 万葉遊楽 万葉集その二百八十四(むろの木=ネズ)



大伴旅人の歌とゆかりの地に戻る