11.東国の人たち(東歌)7〜8世紀?:関東平野
  防人(さきもり)の歌や近畿の歌とともに庶民の歌として万葉を彩る東歌(あずまうた)から、素朴な恋歌を二首.
(三三七三)は川でさらす布の手触りにも似て 抱くほどにこの娘が可愛いという気持ちを、また(三四〇四)は、
  群生する麻を抱え抜くように強くこの娘を抱きしめてもなおあり余る想いを詠う. いずれも民謡であるという.

  歌:訳文(通釈は→こちら 原文は→こちら

                 むさしのくに
       右九首、武蔵国の歌

          たまかは        てづく                     こ   
 (その1)「多摩川に さらす手作り さらさらに なにそこの児の ここだかなしき」(巻十四-3373)

                    かみつけのくに
       右二十二首、上野国の歌

       かみつけの   あそ   そむら     むだ   ね    あ            あ  
 (その3)「上野 安蘇のま麻群 かき抱き 寝れど飽かぬを あどか我がせむ」(巻十四-3404)






 縄文時代の関東水脈 引用先:http://homepage2.nifty.com/katohjuk/kodoindex.htm


 千年前の関東水脈 引用先:http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/edogawa00222.html


 現在の関東水脈 引用先:http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/edogawa00222.html